ご希望の資料が見つからないときは、「予約」「リクエスト」サービスをご利用ください。狛江市に在住・在勤・在学の方は、「予約」「リクエスト」の申し込みが出来ます。世田谷区、調布市、川崎市に在住の方は、「予約」のみお申し込みいただけます。視聴覚資料の「予約」方法及び「予約」可能数については、所蔵館・室で異なりますので、直接お問い合わせください。なお、視聴覚資料・電子書籍の「リクエスト」はできません。
※「予約」とは狛江市立図書館・室に所蔵がある資料の取り寄せ・順番待ちの申し込みのことです。
※「リクエスト」とは狛江市立図書館・室に所蔵がない資料の取り寄せ・購入希望の申し込みのことです。
※電子メールアドレス設定を行うと予約資料が用意できた際の連絡をメールで受け取ることができます。通知アドレスはinfo@library.komae.tokyo.jpですので、このアドレスからのメール受信を可能にしてください。
【令和3年2月から送信元の通知アドレスが変更されています】

「予約」ができる資料

狛江市立図書館・室に所蔵している図書・雑誌・視聴覚資料等

・雑誌の予約は貸出解禁日以降に受付します。貸出解禁日以前の最新号については予約できません。
・西河原公民館図書室の視聴覚資料についてはホームページでの予約はできません。貸出中の資料のみ、西河原公民館図書室の窓口およびお電話で受付しています。詳しくは西河原公民館図書室にお問い合わせください。

「リクエスト」ができる資料(狛江市在住・在勤・在学の方のみ)

  • 狛江市立図書館・室に所蔵していない既刊図書・雑誌等
  • 発売が決まった新刊図書
    ・ただし受付後1カ月を経過しても出版されない場合は一旦キャンセルとさせていただきます。

※入手が困難なものや収集方針に合わない資料の予約はお断りする場合があります。

「予約」「リクエスト」可能数

  • 「予約」「リクエスト」は合わせて、1人20点以内です。

「予約」「リクエスト」方法

  • 図書館ホームページまたは資料検索機OPACから市内の蔵書を検索・予約ができます。
    蔵書検索・予約」へ
    ご予約には事前にパスワード登録が必要です。パスワードについては図書館・室までお問い合わせください。
  • ご希望の資料が見つからないときは図書館・室カウンターへ「リクエスト用紙」を提出してください。(狛江市在住・在勤・在学者のみ)図書館ホームページからは受付できません。
  • 「リクエスト」は、受け取りたい図書館・室にお申し込みください。
  • 市内所蔵の資料で、受け取りたい館・室以外にある資料については、配送の都合上、1週間ほどかかる場合があります。お急ぎの際には、所蔵館・室にお問い合わせください。
  • 貸出については、来館者の方が優先となります。また、書架にある(貸出可能な)資料を予約された場合でも、職員が対象資料をご用意するまでに時間がかかりますので、ご了承ください。
  • 資料の準備に1週間から数カ月かかることもあります。決まった期日に必要な場合はご相談ください。
  • 新刊資料については、受付日順に並び変えています。順位が変更される場合がありますが、ご了承ください。

「予約」「リクエスト」資料の準備ができたら

  • 申請した受取館・室に、資料の準備ができ次第、ご連絡を差し上げています。電話のほかに、事前に図書館ホームページよりメールアドレスの登録をしていただきますと、Eメールにてご連絡を差し上げることができます。
  • また、図書館ホームページ内利用者メニュー「予約状況」にも表示されておりますので、こちらで確認できる方は、「連絡不要」をお選びください。

取り置き期間

  • 「予約」「リクエスト」資料は、連絡日から1週間以内に貸出手続きをお願いします。連絡日及び受取期限日は、図書館ホームページ内利用者メニュー「予約状況」に表示されています。
  • 割当日または連絡日から1週間以内にお借りになっていない場合、予約はキャンセルさせていただきますので、ご注意ください。
  • Eメールでの連絡は、自動送信のため、割当順にメール送信されます。

予約取り消し

  • 図書館ホームページまたは中央図書館にある資料検索機OPACから予約の取り消しができます。ただし、すでに確保されている資料の取り消しについては、受け取り館・室にお知らせください。

「セット予約(優先順)」「グループ予約」

  • 「セット予約(優先順)」は、上下巻の小説やシリーズ物の資料などを優先順にご用意する予約方法です。図書館ホームページで予約の際、指定の資料を「予約かご」に入れ、「予約」ボタンを押した後、予約種別を「セット予約」に指定してください。表示順でのご用意となります。本のマークの上下ボタンで入れ替えができます。
  • 「グループ予約」は、複数の資料をまとめて予約した際、どれか1冊だけ借りたいときに使います。同じタイトルでハードカバーの本と文庫本を予約し、どちらか先に用意できたもので良い場合などに、予約種別を「グループ予約」に指定してご予約ください。

予約メモ

  • 図書館ホームページで予約をする際「予約メモ」を入力することができます。予約の連絡方法の変更や予約確保の連絡時に図書館員に依頼したいことなどにお使いください。「予約メモ」は、予約資料が確保できたときに初めて見ることができるものなので、その予約資料に関する連絡以外のことには対応できません。
    (例)今回に限り、携帯電話に連絡してください。
    (例)家族に書名を伝えてください。